2017年09月16日

レッドラインオイルから新銘柄が誕生

 弊社でもほとんどのユーザー様から支持を得ております
レッドラインエンジンオイルですが、この度新銘柄が
入荷致しました。
 その名もユーロシリーズ!
 実は少し前から有るんですけど、、、、、
 事情があり入荷が遅れておりました(T_T)

 昨今の輸入車は、排気量が小さくなりその代わりに
ターボ(過給器)により大排気量と同等のトルクと
出力を発生しその上燃費は、小排気量車並といった
コンセプトのエンジンが多いのです。
 で、エコロジーの観点から、オイル交換も出来るだけ
ロングドレインでの使用をする傾向も強くなりました。
 昔のように高回転を維持しながら回すエンジンが
少なくなってきているようです。
 これはこれで、少々寂しいですが、、、、、


IMG_4054.jpg




 その分、メーカー指定のオイル基準も厳しくなり
VWやアウディなんかは、粘度5W-30の指定でも通常の
科学合成オイルでは、基準を満たさないのです。
(ここは話が長くなるので省略します。)
 下の写真に認証指定オイルの指定品番がございますが
今回のレッドラインユーローバージョンは、これらの
欧州メーカーの厳しい基準をクリアしており
ダウンサイジングターボやクリーンディーゼル車に
最適なのです。


IMG_4053.jpg


 是非おためし下さい。
 オイル交換は、予約制を取らせて頂いておりますので
まずは、お電話にてお問い合わせ願います。

 オートソリューションズ 075-934-2667 まで
posted by オートソリューションズ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2017年07月14日

輸入自動車のエアコン点検をより正確に行えます。

 日々暑さが増します今日この頃、皆様のお車の
エアコンは、元気に作動していますか?
 この時期になると輸入車は、エアコンの修理が
未だに増えます。(昔ほどではありませんが、、、、、)
 効いてるには効いているが、今一、冷えが弱い気がするとか
風量が弱いとか、良くご相談を受けます。
 そんな悩みを一発で解消できる新兵器をご紹介させて
頂きます。
 この、マシンを車両に接続して、車両本体から
すべてのエアコンガスを吸い出します。


ac001.jpg


 そしてこのマシンの内部で、エアコンガス内の
不純物を摘出してエアコンガスの純度を
元のレベルまで戻してくるのです。
 洗浄したエアコンガスを車両側に、戻して行きます。
 この作業でエアコンの吹き出し口から出る温度が
クリーニング前に比べて約8度程平均的に下がります。


ac002.jpg


 もちろん、エアコンガスの漏れが有るか無いかも
自動で診断してくれます。
 これまでの高圧と低圧を計測するゲージ式に比べると
精密で正確にエアコンガスの充填が可能です。
 本来持つ機能を100%発揮することが出来ます。
 効果覿面でございます。

 輸入車のエアコンの効きでお悩みの方は、是非
弊社にご相談下さい。


 オートソリューションズでした。

 
posted by オートソリューションズ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2017年04月29日

R230型メルセデスベンツキーレスゴースペアキー作成ご依頼

 弊社ユーザー様よりスペアキーの作成をご依頼頂きました。
 元々入庫時からキーは1本しか付いていなくそのまま
ご使用頂いていたのですが、はやりスペアキーが欲しいとの
事で、いつもお世話になっているヤナセさんで、スペアキーを
作成頂きました。
 値段は、キー本体価格が、56000円程です。
 通常のリモコンキーの4割増程の金額です。
 なかなか高価ですね。

 キー自体は、4営業日程で完成してきました。
 そこで初めて知ったのですが、車両側のキーの記憶は
2本迄と制限されており、付属していなかったスペアキーの
設定を消去しないと、今回の新しいキーのキーレスゴー機能は
使えないと言う事を初めて知りました。


IMG_3111.jpg


 メルセデスはセキュリティが厳重ですね。
 もちろんこの作業は、デイーラーでしか設定出来ません。
 無事設定をして頂、ご納品となりました。

 めでたしめでたし

 有り難うございました。

 オートソリューションズ
posted by オートソリューションズ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2017年03月24日

プジョー308ハンドル破れ修理

 弊社では、ハンドルの表面の破れや
擦れ、色あせなどの補修修理も行って
おります。
 今回は、プジョー308シエロの本革
巻きステアリングの破れの補修を行わせ
頂きました。


IMG_2848.JPG


 先代のプジョー308のステアリングは
標準で革巻き仕様となっておりますが
殆どの車両が経年劣化で下の写真の様に
破れてきます。
 ハンドルを握る位置の部分が徐々に
シワになってきて、その後破れてしまします。


IMG_2847.JPG


 今回もご相談頂いたお客様のお車も
ハンドル向かって右側の革が完全に破けて
しまっています。

 最初は、右側の破れのみ補修修理を
ご依頼頂きましたが、左側もシワが入って
おり革の表面が所々浮きが出始めている状態
でしたので、ハンドル一周を補修させて頂く
事となりました。


IMG_2863.JPG


 車種や修理の箇所により車両からハンドルを
取り外して作業しなくてはいけない場合も有ります。
 その場合には、ハンドルの脱着工賃やハンドルを
取り外した時に、車両側に残るエラーログを消去する
為のテスター料などが別途料金として加算されます。
 今回は、ハンドルを取り外すことなく作業が行える
条件でしたので、補修料金のみで行うことが出来ました。

 最近では、BMWミニやシトロエンなどのハンドルも
このプジョー同様にご依頼頂くことが多くございます。

 作業時間は、約4時間〜5時間程となります。
 その間お客様には、弊社よりお貸し出しできる代車が
ある場合には無料でお貸し出しさせて頂きます。

 徐々に仕上げていきます。


IMG_2865.JPG


 最後に純正と同様にシボを作っていきます。


IMG_2873.JPG


 完成です!!


IMG_2868.JPG


 どこが破れていたかわからない仕上がりです。

 ハンドルの劣化でお悩みの方、是非ご相談下さい。
 常に目に入る部分で、手のふれる部品ですから劣化した
状態だと気分が滅入りますから。

IMG_2875.JPG
IMG_2869.JPG


 基本料金は、部分補修で29000円〜となります。
 詳しくは、お電話にてお問い合わせ下さい。
 075-934-2667オートソリューションズまで。

 http://autosolutions.jp
 
posted by オートソリューションズ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年12月15日

レッドラインエンジンオイルニューパッケージ

 弊社でも多くのお客様にご好評を
得ております。
 レッドラインエンジンオイルの
パッケージが新しくなりました。



redline2016.jpg



 新しい年を迎える前に、オイル交換
いかがですが?


 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年11月23日

W204 コマンドコントローラーの修理

 W204型先代Cクラスの定番中の定番トラブルです。
 ナビやオーディオなどの操作を行う際に必要な
コマンドコントローラーが壊れました。
 お客様よりご連絡を頂き、拝見すると、回転
操作が全く効きません。
 これは、中のシャフトが折れてしまって起こる
トラブルです。
 新品を交換すると部品代と工賃とコーディング
で、約60000円!!


DSC_0690.JPG


 パソコンでたとえると、マウスが故障で60000円
です。 高いです。 
 中のシャフトだけ対策社外品に交換する方法も
ありますが、自己責任のDIYレベルです。
 それなりのスキルが有っても、二の足を踏むほどの
分解作業が必要となます。
 W204やW212のこのトラブルは、本当に多いですね。
 オークション会場などで下見してても結構壊れてる
事が多いです。
 で、これが何に直接影響するかといいますと
ナビゲーション画面の縮尺が変更出来ないのです。
 それ以外は、コントローラーをプッシュしたり
左右や上下に、スライドすることにより地図の縮尺
変更以外の操作は、可能なのです。
 弊社管理ユーザー様からのご相談だけに、なんとか
修理させて頂きたいと思いますので、対策シャフトへの
換装を行わせて頂きました。
 それでもプロが、丁寧にダッシュを分解して、コントローラー
の分解を行いますので、新品交換の半額程の料金は
必要となりますが、、、、、、、
 DIYで失敗して、ウッドパネルにひびが入ったり、ダッシュに
傷が入ったりしたらそっちのほうが精神的ダメージが
ありますかね。
 縮尺変更をよく使うか使わないかが、選択の分かれ道
です。

オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年11月18日

アウディQ5オイル交換

 弊社では、販売後の車両のメンテナンスももちろん
行わせて頂いております。
 その中でも頻度が高いのが、オイル交換です。
 弊社での人気のオイルは、レッドライン・フックス
モチュール・モービルワンあたりが人気です。
 中でもお薦めが、私自身が30年以上使いつづけて
いるレッドラインオイルです。
 いろいろなオイルをこれまで職業柄試しましたが
このレッドラインが一番お薦めです。
 オイル交換をした瞬間にエンジンの音が変わります
とても静かになるんです。
 100%科学合成オイルなので劣化の進行も遅く
永く高性能な状態を維持することができるのも良いです。

 今回は、弊社管理ユーザー様よりアウディQ5の
オイル交換をご依頼頂きました。
 《実施内容》
 オイル全量抜き取り交換
 オイルフィルター交換
 ワッシャー交換
 メンテナンスリセット


Q5OIL.jpg


 弊社では、オイル交換でもお車を三時間程お預かり
させて頂きます。
 これは、オイル交換時に、古いオイルを時間をかけて
すべて抜き取る為です。
 オイル交換中も、普段見ることの出来ない車両の
下回りも無料で点検させて頂きます。
 主に、オイルや燃料、冷却水、排気の漏れがないか?
ブッシュ類の損傷は無いか? 下回りの損傷は無いか?
足回りの点検やブレーキやサイドブレーキの点検などです。
 そのあたりも含めると三時間程は、お預かりしないと
できませんので、、、、、、
 今回のお車は、とても綺麗な状態でした。
 昨年の車検も弊社で整備させて頂いておりますので、
完璧です。 (*^_^*)

 ただ、車重が重い分タイヤの摩耗が、進んでおり
今回のお預かりで、タイヤの交換を追加依頼頂きました。
 O様いつも有り難うございます。

 タイヤは、指定サイズの入荷が12月になるとのことで
オイル交換を実施させて頂き一端のお返しとなりました。

 輸入車のオイル交換ならお任せ下さい。

 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年11月04日

弊社自慢の納車点検整備、こだわり納車整備プランBのご紹介です。

 朝夕、寒くなってきましたが、皆さん
いかがお過ごしでございますか?
 今年は、夏がとにかく暑かっただけに、
冬の寒さは、より骨身にしみる可能性大です。

 さて、今回は、お車をご購入頂いた際に
行わせて頂きます納車整備についてご照会させて
頂きます。

 本ブログでも、納車整備の記事が掲載されて
いるので、今更、ご説明は、不要かと思いますが、、、、

 ご成約時に、
 車両本体価格+車体価格消費税+リサイクル預託金
 とは、別に、車検有効期限の有るお車は、月割りの
自動車税を諸費用として受領させて頂いておりますが、
弊社の唯一の諸費用として、納車整備点検費用の一部
ご負担金をお客様にお支払い頂き、弊社こだわりの
納車点検を実施させて頂きますプラン、納車整備プランB
でございます。

 なぜ?プランBなのかと申しますと、基本的な納車点検は、
車両本体価格にすでに含んでおりますので、そちらが
プランAとなります。
 このプランAは、必要最低限の点検整備を行わせて頂く
内容です。 本当に基本的な、オイル交換やワイパー交換
などの他には、オイル漏れの点検などなど、、、、、、
 正直、この基本プランAでも次の車検までは、お乗り頂く
事は、可能ですが、中古車だけに、出来るだけお客様には
安心してお乗り頂きたいだけにもっと徹底的に、整備したい
という志のもと、プランBを、弊社ではお薦めしております。
 すべてのお客様hがこのプランB納車点検を、選択されます。
 車種にもよりますが、55000円〜95000円のご負担により
総額は通常定価で、150000円〜300000円越えと、
3倍から4倍ほどの整備と部品交換をさせて頂いて
おりその内容は、本ブログでもご紹介させて頂いております。

 次の車検時には、何も交換する必要が無いぐらい?と
思える内容が自慢です。(走行距離にもよりますが)

 欧州車専門店だから出来るこだわり納車整備点検を
弊社にてご成約の際は、是非ご選択下さい。


 

 
posted by オートソリューションズ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年07月02日

輸入車のヘッドライト磨き

 昨今では、輸入車でもヘッドライトが黄ばんでいたり
曇っていたりしている車を良く見かけるようになりました。
 ヘッドライトは、自動車の顔の印象を決めるとても
重要なデザインパーツですよね、それが黄ばんでいたり
するとボディをいくら綺麗に洗車していても、台無し
になるぐらいのイメージダウンとなります。
 そこで、最近では弊社でもご相談を受けることが
多くなりヘッドライト磨きをさせていただくことが多く
なりました。
 その作業の模様をご紹介致します。


headlight.jpg



 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年06月24日

6XBBY型フォルクスワーゲンルポエンジン不調

 梅雨ど真ん中京都から大阪の実家へお出かけ中の
お客様より緊急電話が入りました。
 急にエンジンの調子が悪くなり、エンジンチェック
ランプが点灯!!


IMG_0874.JPG


 オーナー様曰く、4気筒のうち1気筒が死んでいるようだ
との事です。 いつエンジンが止まってもおかしくない程
の状態だとの事。
 レッカーにて京都まで、お車を輸送してもらう事となり
弊社にて診断した結果、確かに4気筒のうちの1気筒(3番
シリンダー)が機能しておりません。
 どうやらイグニッションコイルが時妙を迎えている
ようです。 深刻なエンジン不調が原因でなくて良かったです。
 点火プラグも時妙を迎えていたので、4本すべて新品へ
交換させて頂きました。


IMG_0875.JPG


 今回の入庫ついでに、エンジンオイル、オイルフィルター
を交換、夏に備えてエアコンガスの点検などもご用命頂きました。
 イグニッションコイルを交換後、快調に復活!!致しました。


IMG_0880.JPG



 オートソリューションズでした。
 
posted by オートソリューションズ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2016年02月11日

メルセデスベンツリコール対策

 お天気は良いですけど、風は冷たい今日この頃
本日は、弊社でも昨今数多く販売させて頂いております
Aクラスのリコール対策の為、お世話になっているディーラー
様へ行ってきました。


IMG_0132.JPG


 2016年1月末に、発表されたリコールは、ドライブシャフトに
不良品が混じっているというものでした。
 詳しくは、下記のメルセデスベンツジャパンにてご確認頂けます。
 AクラスとBクラスが対象となっています。
 ドライブシャフトが破損して走行不能に陥る危険性が有るという
結構深刻な内容です。

 国土交通省の車検証の登録事項を元に、現在の所有者へ通知され
るのですが、今回弊社が持ち込んだ車両は、現在一時抹消中ですので、
通知自体が届きません、、、、、
 ただ、弊社が販売させて頂いた同モデルの車両に関して封書で
通知が有り、判明した次第です。 よかった(^o^)

 2,3日預けて、作業完了後また、引き取りにいきます。
 販売台数が多いので、ディーラーさんでも結構作業が立て込んで
いるそうです。
 AクラスおよびBクラスにお乗りのオーナー様方、お早めに
最寄りのディーラーに入庫頂、対策をお願い致します。

 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年09月19日

アウディQ5保証点検修理実施

 弊社ユーザー様のアウディQ5が、来月車検となり
入庫いただきました。
 今回が初車検のお車ですので、3年満了のアウディ
保証プランが最後となります。
 車検整備点検前に弊社にて、異常や違和感の有る
箇所が無いか、テスト走行を含め検証させて頂きました。
 その結果、2項目程、気になる点が確認出来ましたので
いつもお世話になっておりますアウディ京都様へ点検
入庫させて頂きました。


DSC_0203.JPG


 お客様より、ここを一度見ておいて欲しいとのご依頼の
点も併せて点検して頂く運びとなりました。

DSC_0204.JPG

DSC_0205.JPG
 

  そして、無事交換の必要な部品は、新しい部品と交換して
頂き、完成したとの事でしたので、本日引き取り伺いました。
 この後は、弊社にて車検整備を実施して新たに2年車検を取得
して、お返しとなります。


DSC_0207.JPG


 ミニから派生し今巷で人気の、ドアライトロゴマークです。
 はっきりくっきりで、とても綺麗ですね。
 Q5はドア位置が高く、見栄えが良い仕上がりです。

 O様、完成まで今しばらくお待ち下さいませ。
 いつも有難うございます。


オートソリューションズ
posted by オートソリューションズ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年09月09日

ミニクーパー警告灯点灯にてご入庫

 いつもご愛顧頂いております。
 Y様の愛車の警告灯が点灯したとの事で
急遽ご入庫頂きました。


minicon.jpg


 写真の警告表示は、ブレーキパッドの摩耗
によりパッドセンサーが警告を発している状態です。


DSC_0257.JPG


 入庫頂いた日は、日曜日でピットが休業日にあたり
弊社店舗内で確認さえて頂きました。
 前回の車検時にフロントブレーキパッドは、新品に
交換をさせて頂いておりますので、リアパッドが
怪しいのですが、ホイール外側からみるとパッド圧は
センサーが感知するほど減っている感じはしません。
 ただ、輸入車の場合内側のパッドが極端に減る事が
よくありますので、内側の摩耗が進んでいる可能性が
高いです。

 BMWミニクーパーは、かなり早めに警告灯が点灯する
ので、警告灯が点灯してから結構な距離が走れてしまう
なんて事も、、、、、、
 パッドセンサーが大きいのです。 笑
 ただ、警告灯が点灯したままでは、気持ちよくドライブ
出来ませんので、後日お車を引き取りに上がらせて頂き
パッドの交換をさせて頂く事となりました。

DSC_0309.JPG

DSC_0308_1.JPG

 ピットにてリフトアップして、タイヤを外し点検すると
やはり内側のパッドがかなり減っており、パッドセンサーが
削られていましたので、新品のリアパッドに交換させて
頂きました。

http://autosolutions.jp でした。
posted by オートソリューションズ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年05月15日

W210 メルセデスベンツE320 法定24ヶ月分解整備点検

 2年前に弊社にて販売中でしたW210型メルセデスベンツE320を
ご購入頂きました大阪府のI様よりこの度継続検査整備のご依頼を
承りました。
 2年前ご納車させて頂いた時の走行距離は、41700kmと1996年式の
割には走行距離が少なく、とても丁寧に乗られてきた印象の強い
E320で、私が一目惚れして仕入れをしたのを覚えております。
 ご成約時には、車検2年付きにて販売をさせて頂きました。
 その後、エンジンオイル交換などのアフターメンテもご依頼
頂き走行距離が見る見るうちに伸びていくのが印象的でございました。
 で、この度車検でご入庫頂きオドメーターを見てびっくり!!
87616km!!なんと2年で46000kmそれも車検有効期限はまだ一ヶ月後です。
お仕事柄高速道路を使って西へ東へお忙しくされておられるお客様で
すが、日頃のお車のメンテもしっかりとされており、タイヤ交換や
ワイパーブレードの交換なども定期的行なっておられ愛着を持って
ご使用頂いていることが手間味噌ながらとてもうれしく感じた次第です。


DSC_0058.JPG


 W210のウィークポイントと言えば、ハーネス・コの字オイル漏れ・
エアコンガス漏れ・メーター液晶ガケ・など数多く販売されベストセラーと
なったモデルだけにウィークポイントもそれなりに有名ですね。
 しかしこちらのE320は現在上記のトラブルは一切無くとても調子の良い
状態を保っております。 私の目に狂いはなかったぁ〜(ちょっと言い過ぎ)
 この時代のメルセデスはコストダウンが行なわれ質感が低下したとか
メルセデスベンツは普通の車になったとか色々と言われましたが、今と
なっては、このW210もメルセデスクォリティをベースに確りと作り込まれ
悪くなった部分は、交換修理してやればいつまでも乗れる高級アナログ時計
のような存在だったんだなぁと改めて感じさせられます。

 とは言っても時代は進み現代のモデルにも魅力はたっぷりとございます。
 地デジTVをご自分で取り付けされましたが、これが今のメルセデスの
純正ナビモニター風の取り付けになっており良い感じでした。
 薄型の地デジチューナー付きモニターは受信感度も良好でとても良く
映ります。


DSC_0059.JPG


 無事に車検整備も終わり車検レーンももちろん一発合格致しております。
 I様、これからも出来る限り末永くW210をお供にご愛用下さい。
 私どものしっかりとサポートをさせて頂きます。
 どうぞこれからも宜しくお願い致します。


DSC_0067.JPG



 オートソリューションズ
posted by オートソリューションズ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年03月07日

今年初めから車検続きでございます。

 今年に入って車検レーンに出向くことが
多くございます。
 今回は、昨年9月にご成約頂きましたお客様の
スマートクーペの車検に行ってまいりました。
 ピットにて整備点検を入念に実施し完成後
京都運輸支局のいつも車検レーンにて。
 スマートはホイールベースが短いので
スピードテストやブレーキテストのダイナモシャーシ
にうまく乗るかいつも心配になりますが、
全く問題なく対応できるようです。
 最小どれぐらいのホイールベースまで
車検レーンは対応できるのでしょうか?
 気になります。


DSC_0530.JPG


 車検を新たに2年取得後、大坂のお客様の元へ
無事にお返しさせて頂きました。
 S様いつも有り難うございます。
 お近くのガレージが開きましたらお電話下さい。
 厳選してご希望にあうお車をお持ちさせて頂きますので。

 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年02月09日

アウディA4アバントにTVキャンセラーを装備致しました。

 お客様よりTVキャンセラーの取り付けをご用命頂き
無事に完了致しました。
 助手席の方が、暇なさらないようにTVを走行中も
視聴できるようにしたいとのご相談を頂きました。
 アウディの純正マルチシステムは、車両側に設定
されているスピードになると、TV画面にメッセージが
割り込み音声は聞こえるが、画面は見えなくなるように
設定されています。
 その昔主流だったのは、車両側の設定速度を診断機を
使い書き換えてやるという方法でした。
 アウディの純正テスターを導入している整備工場なら
簡単にできる方法ですが、なかには書き換えをしたことにより
パワステの設定がおかしくなりハンドルが重くなったり軽くなったり
正常に作動しなくなったとか、、、、未確認ではございますが
他に支障が出ることも数々と報告されるようになりました。
 従来通り部品を付け足す方法もございますが、サードパーティー製で
後々の保証とか耐久性などで、少し不安がありますのでこちらもNG

DSC_0513.JPG

DSC_0514.jpg

 そこで弊社がお客様に、ご呈示させて頂いたのは、弊社でも
数多くお取引させて頂いておりますPB社製のTVキャンセラーです。
 前途した車両の設定の書き換えを専用の部品をOBD端子に接続して
数秒待つだけの簡単設定ですが、PB社では、数多くの検証を行ない
車両設定の奥の奥にある車速設定まで安全に信号を送り書き換える
技術を確立して製品されておりますので、車両設定の他への影響は
ございません。 そのあたりをお客様にお話しし了解を得た上で
無事に取り付け設定完了いたしました。


DSC_0501.JPG


 N様これで、助手席の方も退屈させれずにすみますね。
 くれぐれも運手中は視聴されないようにしてください。
 運転中のドライバーTV視聴は、道交法違反ですので。

 このたびは有り難うござました。

 オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2015年02月01日

BMW7シリーズミッションオイル漏れ修理にて入庫

 お客様がお乗りのBMW7シリーズからオイルのような
ものが漏れているとご相談頂きました。
 調べてみると、定番のオイルパンよりのオイル漏れです。

DSC_3894.jpg

DSC_3892.jpg

 BMWは、ZF製のトランスミッションを多く採用しており
幅広い車種に搭載されております。
 あのレンジローバーの第三世代もZF製のトランスミッション
です。
 ガスケットだけでの部品供給がございませんのでオイルパン
のカバー事態のアッセンブリーとなります。
 弊社では念のため周りの固定ボルトもすべて新品に
させていただきます。


DSC_3902.jpg


 ミッションオイルがかなり抜けますので新しいミッション
オイルも必要となります。
 ただ今回はお客様が早めに気づかれたので良かったですが
気づかないでいるとトランスミッションのバルブボディを
破損しかねない重要案件ですので、ユーザー様は、気をつけて
下さい。

オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

メルセデスベンツの主力V6エンジンより異音発生

 ダウンサイジングターボエンジンが主流となりつつ
輸入車のモデルラインアップですが、大きなエンジンには
ダウンサイジングターボには真似できない良さがございます。
 息の長い加速、不自然では無い力強いトルク、高級感の有る
エンジン音、エンジンの振動の少なさ、などなど

 V6エンジンの有といえる272M型V6エンジンは、メルセデスの
主力車種に多く搭載されているエンジンとしてお馴染みです。
 今回は、朝一にのみエンジンから異音がするとのことで
お客様のガレージまでお車をお引き取りに伺いました。
 エンジンが暖まると異音は消えるのですが、冷えていると
周りの人が振り返る位の大きな音がします。
 確かにベンツから、こんな音がしてたら恥ずかしいですよね。
 プーリーか?ベルトか?テンショナーか?どうやら
エンジン前部より音がしています。





 症状が発生するのが朝一に限られることからお車をお預かりする
事となりました。
 翌日の朝、エンジンを始動、大きな異音が発生
 各部を点検してもプーリーからは音はしていません。
 ベルトから? 新品のベルトと交換して再始動
やはり変わりません。
 となると、残された箇所は、結構大物な部品群です。
ウォーターポンプやダイナモなどなど
 エンジンには駆動以外にもいろいろな部品を動かす
役目がございます。
 慎重にチェックしていくとウォータポンプから異音が
発生していることが判明!!


DSC_0468.JPG


 こちらのウォーターポンプは67600円と高額です。
 お客様にお見積もりを提示し承諾を得て交換を実施
抜け出たクーラント分を補充して新しいベルトを
装着して完了です。 異音は完全に止まりました。
 良かったです。

オートソリューションズでした。
posted by オートソリューションズ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2014年10月07日

輸入車、本革シート補修

 今日は、輸入車オーナーなら誰もが気になる
本革シートの擦れ補修をご紹介いたします。
 弊社管理ユーザー様より、ベンツの革シートの
運転席外側が擦れと傷で酷くなってきているので
なんとか綺麗になりませんか?とご相談を頂きました。

 もちろん弊社では、ホイールのリム傷の修理だけで
無く、シートやダッシュの補修も承っておりますので
すぐにお車を入庫頂きました。

 どうしても乗り降りを繰り返す側ですの摩擦による
シート表面のダメージが出てしまいます。
 写真でも革表面がめくれ上がったように、なっている
部分が数カ所見受けられます。


DSC_0570.JPG


 これを時間をかけて丁寧に補修していきます。
 お車は朝出して頂いて、夕方のお返しとなります。

 革の張り替えではないので新品の様には、なりませんが
とても綺麗になりました。


DSC_0574.JPG


 摩擦により出ていた革のテカリもなくなりシワも少なく
なりました。


DSC_0575.JPG


 如何でしょうか?
 
 これぐらいの大きさの補修で費用は約19000円です。
 座面や背もたれなど補修箇所が大きくなればその都度の
お見積もりとなります。

 このシート部分のサイドサポートのダメージは特に
目に付く部分なので気になりますよね。

 輸入車に限らず、国産車の革シートも補修可能です。
 是非ご相談下さい。

 オートソリューションズ 075-934-2667
posted by オートソリューションズ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告

2014年09月05日

LM44 レンジローバーヴォーグ 法定24ヶ月整備点検にて

 今回は、弊社にてご購入頂きお乗り頂いております
レンジローバーヴォーグの継続車検を実施させて頂きました。
 M様いつもご愛顧賜り誠に有り難うございます。
 車検整備と一緒にリアバンパーの塗装修理とガラス
コーティングのメンテナンスもご依頼頂きましたので
あわせて行わせて頂きました。
 一週間程の長期のお預かりとなりましたが、気持ちよく
ご快諾頂け感謝致しております。

 さて車検の方ですが、本当に丁寧に大事にお乗り頂いて
いる(定期的なオイル交換なども随時実施)ので特に
不具合のあるところも無くスムーズに点検整備が進んで
まいります。

 以前オイル交換でご入庫頂きました時に、テスター診断にて
エラーログが確認出来たV8エンジンの片バンクエア濃度検知
を今回は重点的に点検します。


rangelover.jpg



 そしてブローバイフランジの作動不良を確認致しましたので
交換を実施させて頂きました。
 後は、ブレーキパッド前後、ボンネットフードダンパー左右
油脂類などの消耗交換部品の定期交換となりました。

 ジャバブラックの美しい輝きのボディは2年前にガラスコーティング
を実施させて頂いておりますが毎年コーティングのメンテナンスを
実施して頂いておりますのでとても良い状態です。
 次の車検時あたりにはもう一度ガラスコーティングを再施工すれば
この状態を維持できますので是非ご検討下さい。
 もちろん施工料金は安くなります(状態が良いので)

 リアバンパーは駐車時に後方のネットフェンスからなぜか
ビスが飛び出しておりそれに接触してバンパーに小さな穴が
空いてしまいましたので今回リアバンパー塗装修理も承りました。
 もちろん塗装後、新しい塗装面には、ガラスコーティングを
実施して完成となります。

 砂漠のロールスロイスなどと証されるレンジローバー
私の大好きな車両の一台です。 とても良い状態でご所有に
なられているのでうらやましい限りでございます。

 M様、これからもどうぞお付き合いの程お願い申し上げます。

 この度は有り難うございました。

 http://autosolutions.jp
posted by オートソリューションズ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両メンテナンス報告